修理屋

ノベルス

【神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん】過去の大切さがわかる本

仕事に疲れてしまった主人公の”高橋寛人”は亡くなった祖父である“斉藤万“からアンティーク堂を継ぐために神戸に移り住むことになります。アンティーク堂には万が経営していた時から“後野茉莉”という修理屋さんが働いています。この物語は、寛人と茉莉の2人が中心になり、アンティーク堂内で物語が進んでいきます。
タイトルとURLをコピーしました