【12のタイプから人の強みが一瞬でわかる魔法のスイッチ】人の強みを知ることで人間関係がうまくいく!

こんにちは!カズキです!
本日は毎週恒例の書評を書かせていただきます。
本日紹介する本はマツダミヒロさんの「12のタイプから人の強みが一瞬でわかる「魔法のスイッチ」」です。

この本は自己分析について書かれた本です。
誕生日だけで自分の強みがわかるというお手軽さです(°▽°)

それって占いじゃないの?

と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。
この本は人間科学研究所の長谷川博一氏の「態度類型学」という研究を基にして書かれています。
また、9万人以上のデータを集めて、調査研究した結果から生まれた手法なので、占いではなく統計学というのが正しいようです。

これを読めば、自分と他人を知ることができます!

それでは、次から解説していきます。

強みがわかれば全てうまくいく

自分の強みを知る

あなたの強みはなんですか?

そう聞くと、就職活動を思い出す方が多いかもしれません(^^;
私も大学を卒業した頃はこの質問にめちゃくちゃ悩まされました。
当時の自分は自信がないネガティブ野郎だったので、自分に強みなんてない!と思っていたんですね。

あの頃の自分に言ってやりたい!
そんなことはないのだと!

強みは誰でも持っているのです。
自分では当たり前のことすぎて気づかないだけなのです。

自分の強みがわからなければ、何かに失敗した時に、

「努力が足りない」
「自分が悪かった」

と自分を責めてしまいます。
これはビジネスだけでなく、人間関係でも同じことが言えます。

どんな環境なら自分は自然体でいられるのか、わからずに悩む人が非常に多いのです。

また、成功したいと思い、実際に成功した人の真似をしても意味がありません
そのやり方はその人が成功したやり方、その人の強みを生かしたやり方だからです。

そのため、自分の強みを理解してその強みを最大限に生かすことが一番大事なことなのです。

相手の強みを知る

自分の強みを知ることも大事ですが、相手の強みを知ることも非常に重要です。

あなたも全然話が噛み合わないという人がいませんか?

それは、あなたと相手の強みが違うことが原因で起きています。
強みが違えば、自分には心地よくても、相手には不快になる場合があります。
相手と自分の強みが違うことで、噛み合わなくなるということはよくあることなのです。

そこで相手の強みを知ると、相手に不快な気持ちを与えることも、相手を心地よくさせることもできるようになります。
相手といい関係を築くためには相性よりも関わり方を知ることが大事なのです。
これも自分のチョ味を知ることと同じで、ビジネスや人間関係、恋愛、子育て、全てに使うことができます。

この本には相手の強みを知ることで成功した体験がいくつも紹介されているので、それも大いに参考になることでしょう(^^)

あなたはどの魔法使い?

魔法のスイッチ

ここまでは、強みについて書いてきましたが、ここからは本の本題について書かせていただきます。

見出しにある「魔法のスイッチ」という言葉は、この本のタイトルになっている言葉ですが、どういう意味なのでしょうか?

作者は仕事で失敗し、社長でありながら社長業をクビになった過去があるそうです。
そんな時に自分自身にこれからどうするのかということを、次々質問していて気づいたのです。

質問すれば答えが出てくる

それ以降、作者は質問力に引かれて行きました。
人により刺さる質問と刺さらない質問があります。
同じ質問でも、やる気が出る人もいれば、やる気の出ない人もいます。

そのやる気を起こさせるためには自分自身の「強み(素質)」を知ることが大事です。
そして、その強みに合わせた質問を投げかけることで、モチベーションを上げることができるのです。

つまり、魔法のスイッチとは「モチベーションを上げるための質問」のことなのです。

12の魔法使い

この本では、それぞれが持つ強みを12のタイプに分類し、それを魔法使いと呼んでいます。
12の魔法使いは次の通りです(^^)

  • ハーモニーを生み出す魔法使い
  • 気配り上手で人に好かれる魔法使い
  • 自然体で本質を究める魔法使い
  • 影の実力者である魔法使い
  • 新しく道を切り開く魔法使い
  • ロマンを現実にする魔法使い
  • オンリーワンでナンバーワンの魔法使い
  • バランスよくなんでもできる魔法使い
  • 可能性にチャレンジする魔法使い
  • 隠れた努力でプロフェッショナルになる魔法使い
  • 直感とヒラメキの魔法使い
  • ゆるがない心で完璧に仕上げる魔法使い

あなたがどの魔法使いか知ることで、あなたの「強み」とあなたを動かすための「魔法のスイッチ」がわかるようになります!

また、診断で利用するのは自分の生年月日だけなので、超お手軽に試すことができるのも特徴の1つです。
自分がどの魔法使いか興味のある方は、ぜひ本書を購入して調べてみてください(°▽°)

まとめ

本日はマツダミヒロさんの「12のタイプから人の強みが一瞬でわかる「魔法のスイッチ」」を紹介させていただきました。

統計学なので、合わないと感じる部分もありますが、お手軽に相手のことを知るツールとして用いるには良いかもしれません。

ちなみに私は「直感とヒラメキの魔法使い キラメール」でした(^^)
12のタイプの中ではヒラメキがピカイチらしいのですが、自分的にはそんな感じはしていません(笑)
ただ、縛られることが大嫌いな自由人というところや、人に合わせられる変幻自在というところはハマっているなと感じました(°▽°)

ストレングスファインダーなどのガチガチの自己分析をしている人には物足りないかもしれませんが、手軽に自己分析したい人にはおすすめの書籍となっています。

購入した方は、ぜひどの魔法使いだったかをコメント欄に残してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました